会社概要

オイシックスドット大地は2017年10月、新たな会社としてスタートしました。オイシックスと大地を守る会、二つの会社のDNAを引継ぎつつ、全員創業者の気持ちで第二の創業を始めます。

Oisix.daichiのストーリー

創業当初
まだインターネットで買い物をすることが珍しかった時代

生産者が安心して自分の子どもに食べさせられる食材を、一般の家庭で手軽に手に入れられる未来をつくりたい。
前例のないビジネスモデルを構想するも、食品業界に人脈も知識もない、契約している農家さんもいない。
なにもかもがゼロからのスタートであった。

創業初期〜創業中期
はじめはみんな素人だった

創業メンバーは全員20代独身男子。グルメな人もいなければ、自分で料理をする人すらいなかった。
それぞれの得意分野を活かし、食のビジネスを立ち上げる。当時から考えていたのは、安全な食品をごく普通の生活を送る人がストレスなく続けられる、利便性の高いサービスを実現すること。
これは現在も理念の中に息づいている。

創業初期〜創業中期
ゼロからのスタート

実験的に有機野菜の販売を開始。
Oisixの前身であるECサイト「e831.com」を立ち上げる。少しずつ契約先の農家さんが増え、おいしさや作り手の思いが伝わるサイト作りに励んだ。
2000年6月、「Oisix」サイトオープン。 本格的に事業をスタートする。毎日全力だった。なんとしてでも農家さんから信頼を得たくて、すすめられるがまま畑の土を食べたことも。

創業中期〜近年
荒波を乗り越えて

事業が少しづつ軌道に乗り始め、2002年12月に初めて黒字化を達成。この頃にはリピーターが増え、徐々に「ヒット商品」が生まれるようになった。
たとえば、規格外商品である「ふぞろい野菜」や絶滅品種の野菜に焦点をあてた「リバイバルベジタブル」などはこの時期に登場した。

近年〜現在
豊かな食卓をできるだけ多くの人に

2011年に起こった東日本大震災を境に、食の安全に対して多くの人の向き合い方が変わった。オイシックスドット大地は「子どもに安心して食べさせられる」食品をお客様の代わりに見定め、お届けすることが役目である。
また、女性の社会進出など、どんどんと忙しい女性が増える中、忙しくても豊かな食生活を送りたいお客さまに向け、献立キット「Kit Oisix」をスタートさせた。
豊かな食卓をできるだけ多くの人に。 私達はその使命を全うし、どんな困難でも乗り越えていく力があると 信じている。

オイシックス & 大地を守る会 経営統合

全員創業者!第二の創業がスタート

2017年10月、オイシックスドット大地は新たな会社としてスタートしました。オイシックスと大地を守る会、二つの会社のDNAを引継ぎつつ、ここから新たな物語をつくっていきます。

代表挨拶

代表取締役会長藤田 和芳

わが国の食料自給率は40%。食べ物の6割以上を外国に依存していることになります。将来、世界に食料が不足するようなことが起こっても大丈夫なように、 国内の農業をしっかりと守っていくことは大事なことです。オイシックスドット大地は、ビジネスの手法を通して、このような課題に対処してまいります。

自分たちの食べ物がどこからきて、どのようにつくられているかが見えない食生活は不安です。「人を良くする」と書いて「食」。食べることで人は心も身体も健康になるのです。本来、食べ物は安全でなければなりません。食べたら栄養になり、口に入れたら美味しくて幸せな気持ちになれる。オイシックスドット大地は、そのような食べ物をお届けします。できれば、作ってくれる生産者の思いや畑の様子なども一緒にお届けしたいと思います。そして、より多くの人が、よい食生活を楽しめるサービスを提供します。

「これからの食卓、これからの畑」。オイシックスドット大地にご期待ください。

代表取締役高島 宏平

「美味しくて体に良いものを苦労せずに食べたい。」そんなお客様の声に答えるべく、オイシックスドット大地株式会社は設立されました。
以来、私達オイシックスドット大地では、安全性、栄養価、価格、そして味といった観点で厳選した食材をお客様の日常の食生活を支えるべく、お届けしております。
私達の生活を支える食生活が危ないと言われて、もう久しくなります。「作った人、取り扱っている人は自分では食べない」食材が多く出回っているのが現状です。
オイシックスドット大地では、作った人も自分で食べ、選んだ人も自分の子供に食べさせることのできる「責任のある」食材を厳選し、ご提供しています。
同時に、収穫や生産時点ではなく、お客様が召し上がる時点での美味しさを最重視し、お届けするまでの温度管理や梱包状態についても研究を重ねております。

私達オイシックスドット大地の成長は、お客様の満足度とともにあります。生産者、販売業者としての理論の押し付けではなく、お客様のご意見に基づきサービスの改善を不断で進めていきたいと考えております。
サービス内容に何かご不満や不明な点がございましたら、本当に些細なことでも構いませんので、ぜひご意見ください。
必ず、よりよいサービスの構築を行います。

企業情報

社名

オイシックスドット大地株式会社

本社

〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー5F

資本金

929,948,784 円(2017年3月末現在)

決算期

3月

役員

代表取締役会長 藤田 和芳
代表取締役社長 高島 宏平
取締役 堤 祐輔
取締役 小崎 宏行
社外取締役 花田 光世
社外取締役 牛田 圭一
社外取締役 田中 仁
社外取締役 野辺 一也
社外監査役(常勤) 中村 眞
社外監査役 諸江 幸祐
社外監査役 中町 昭人
執行役員 力丸 進吾
執行役員 山下 寛人
執行役員 田島 和修
執行役員 松本 浩平
執行役員 高橋 大就
執行役員 西井 敏恭
執行役員 池山 英人
執行役員 山中 初
執行役員 奥谷 孝司
執行役員 菅 美沙季
執行役員 新宮 歩
執行役員 浅野井 邦男
執行役員 水谷 康孝
執行役員 橋本 千珠子

事業内容

ウェブサイトやカタログによる一般消費者への有機野菜、特別栽培農産物、無添加加工食品等、安全性に配慮した食品・食材の販売

従業員数

418名(2017年10月1日時点)

事業所

オイシックスステーション
 海老名物流センター
 〒243-0423 神奈川県海老名市今里3-26-11

大地を守る会ステーション
 習志野物流センター
 〒275-0024 千葉県習志野市茜浜3-2-8

ODキットキッチン
 〒243-0423 神奈川県海老名市今里2-22-7

子会社 関連会社

株式会社とくし丸(連結子会社)
Oisix Hong Kong Co.,Ltd.(連結子会社)
株式会社フルーツバスケット(連結子会社)
・株式会社ふらりーと(連結子会社)
共生ネット少額短期保険株式会社(非連結子会社)
株式会社ごちまる(関連会社)
株式会社日本農業インコーポレイテッド(関連会社)

主要取引先銀行

三菱東京UFJ銀行 五反田駅前支店 三井住友銀行 渋谷支店 みずほ銀行 新宿中央支店

主要株主

創業者グループ、株式会社ローソン、株式会社リクルートホールディングス

主要提携先

株式会社リクルートライフスタイル 三越伊勢丹グループ ヤフー株式会社 株式会社ベネッセコーポレーション 他多数

アクセス

本社

〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー5F

オイシックスステーション

〒243-0423 神奈川県海老名市今里3-26-11

大地を守る会ステーション

〒275-0024 千葉県習志野市茜浜3-2-8