Interview

テクノロジーで食卓の未来を作りたい

MAX
scroll
MAX

MAXデータ分析エンジニア

これまで、金融・教育・ITと様々な職種を経験してきました。ITに転向した際、某SIerにてデータ分析業務を経験し、データを武器にキャリアを築いていくことを決意。エンジニアとしては非常に遅咲きですが、前向きな姿勢を評価してもらい、2016年4月にOisix.daichiに入社しました。

Oisix.daichiでの経歴

お客さまの購買データをもとに、お買い物ページ「Oisix.com」パーソナライズプロジェクトにシステム部のエンジニアとして参画。よりよい食卓の未来を実現すべく、お客さま一人ひとりに提案する商品を最適化するシステムを実装しました。範囲をシステムに留めず、より業務側の視点からテクノロジーを用いたソリューションを実現するため、2017年度よりEC事業部へ異動し、データ分析エンジニアとして課題解決に当たっています。

現在の仕事

エンジニアの視点で、システムによる改善効果が大きそうな課題を特定し、その分野の担当者と協力しながら解決に取り組んでいます。属人的な業務の工夫や運用の調整で何とか実現している状態ではなく、技術を用いた局所最適化で課題を解く、もしくは全く別のアプローチを考案して実現に持っていく、というのが現在の主な仕事です。

具体的には、需要予測を改善し、売り切れや廃棄を最小化したり、プッシュ通知の内容や配信タイミングの最適化に取り組んでいます。 いま現在はEC事業部に異動した直後で、顕在化している課題解決に軸を置いていますが、今後は最新のテクノロジーを利用しつつ、良い意味でお客さまを裏切るような新しいサービスを検討する役割も担っています。

Oisix.daichiの魅力

経験がなくても、非常に大きな裁量で仕事を任せてくれることだと思います。そもそも、Oisix.daichiは新しいことにチャレンジする志向が強く、さらにデータ分析エンジニアの世界は、ビッグデータやニューラルネットワークなど、どんどん新しい技術が出てくる世界。すでに社会でコモディティと化した技術や業務の経験より、新しいことにチャレンジする姿勢を評価する文化は素晴らしいと思います。

また、知的好奇心が強く、様々な物事にアンテナが高い仲間が多いことも魅力の1つです。ランチにブロックチェーンの技術について話をしたら、その日にビットコインの口座を開設する人がいたり、「需要予測にはMCMCだ!ベイズだ!」と言ったら、統計モデリング勉強会というマニアックな社内勉強会が開催されたり、飽きる暇がありません。

  • 趣味の旅行

    旅行が好きで、これまでも「金融危機を体感しにギリシャに行く」、「ラクダ市場が見たくてドバイに行く」などテーマを持った旅をしてきました。普段とは異なる体験をすることで知見が広がり、楽しいです。

Entry

その他のインタビュー

  • ながお

    インフラエンジニア

    ながお

  • ふみこ

    プロジェクトマネージャー

    ふみこ

  • ひかる

    スマートフォンアプリエンジニア

    ひかる

その他の採用