Interview

世界中の人が快適にお買い物できる
インフラをつくりたい

ながお
scroll
ながお

ながおインフラエンジニア

在学中に小さなWEBデザイン会社にアルバイトとして入社し、エンジニアとして開発とインフラを経験したことがきっかけでIT業界に入りました。いくつかの会社でインフラエンジニアとしてキャリアを重ねた後、Oisix.daichiに入社。現在はOisix.daichiのインフラを設計・運用・保守するシステム基盤部門に所属しています。

Oisix.daichiでの経歴

Oisix.daichiではサービスの成長スピードが非常に速く、そのスピードを維持・向上できるインフラ環境を実現するために、改善を行ってきました。 EC・物流・基幹などのほぼすべてのシステムを自社で開発・運用しているため、各システムの特性に合わせてインフラを設計・構築する面白さがあると思います。 前例のない事へのチャレンジに積極的な社風なため、システムオペレーションをベトナムにオフショア化する、というプロジェクトを提案して許可をいただき、 遂行させていただきました。またオフショア化により削減されたコストを新たなインフラ投資に充てることでインフラの信頼性向上を進めることが出来ました。

現在の仕事

システム基盤部門に所属し、既存のシステムのパフォーマンス、セキュリティ、安定稼働に責任を持つ立場で、24時間365日安定してサービスを提供することができるように、 常に意識しながら取り組んでいます。インフラ領域だけでなくアプリケーションにも踏み込んで改善を進めることができるよう心がけています。特にセキュリティは意識的に取り組んでおり、脆弱性検知のための監視システムの構築、素早く対策を打つための体制作りなどを推進しています。

個別の案件では、中国に安心安全な食材を届けるためのECシステムをAWS北京リージョンにて設計・構築、大地を守る会との統合に向けた各種インフラの統合、主婦向けサービスのインフラ設計・構築、など複数の案件を担当しており、既存のシステムで培った経験やノウハウを新規サービスに展開して進化させていく楽しさを感じています。

Oisix.daichiの魅力

いろいろな働き方を認めてくれるところだとおもいます。それぞれの家庭の事情に合わせて、リモートワークや時短勤務を許可してくれます。リモートワーク推進プロジェクトなんかもあり、遠隔地からの勤務(仙台、大阪)も成果に影響がなければ認めてくれたりします。 私自身、集中して業務をする時間が取りたいので、週1回はリモートワークにしています。 実際に、集中する時間とミーティングする時間のメリハリをつけることができ、生産性が向上しました。

兼業制度にも取り組んでいるため、今までは会社の中でどうやって成長していくかを軸に行動していましたが、社外での活動含めて自分のキャリアを考えられるようになりました。社内で得たスキルを外で活用したり、外で得たスキルや繋がりを社内の業務に活かすことができるので、利用したいと思っています。 また、年に2回キャリアを選択できる異動の制度もあるので、自分のソリューションスペースを限定せずに成長していける点も魅力だと思います。

  • 趣味

    10年通ったインド料理屋さん、家族とよく食べに行っていたのですが、お店の方がインドに帰国してしまい、閉店となってしまいました。近所においしいインド料理屋さんがないので困っていたのですが、スパイスのブレンダーをインターネットで発見。スパイスの調合から作るカレーにチャレンジしてみようと思っています。

Entry

その他のインタビュー

  • MAX

    データ分析エンジニア

    MAX

  • ふみこ

    プロジェクトマネージャー

    ふみこ

  • ひかる

    スマートフォンアプリエンジニア

    ひかる

その他の採用